スーパーカブは中古で買ったものでも大丈夫なのか

昔からの販売され続けているバイクと言えば、スーパーカブです。その車種によっては販売中止もありますが、長年販売されていると言うことはそれだけ信頼性も高いと言うことだと思います。とはいっても、中古になると本当に大丈夫なんて思う人がいても当然です。
中古の場合のメリットやデメリットなどで、大丈夫なのか見ていきましょう。

そもそも中古で買うことにメリットはあるものか

バイクとなるとなんか中古で買うのはと思っていませんか。車の値段ほどいかなくてもいいものも買えますし、やっぱり安全性を求めたら新車だと考えるかもしれません。

しかし、昔からの愛用されているスーパーカブだと中古でもオススメです。中古ならではのメリットとしては、値段の安さが挙げられます。

ものによっては新車の半分なんて値段で買うことも可能ですし新古車となれば、もちろん安全性もより新車に近いとなるので、安心できるでしょう。

そして、すでに販売中止になったものでも中古で買うことができるのもメリットです。

その排気量によってはもう現行では販売されていないものや車種もあります。手頃な排気量でない、また見た目がとなったときには、中古も選択肢に入れるとより選びやすくなり、満足するでしょう。昔ながらの車種をわざわざ求める人も多いのです。

メリットはわかったが中古ならではのデメリットは

中古でもメリットがあったり、オススメなのもわかったところで今度はデメリットです。
デメリットとしては、せっかく好みの車種があったとしても、お店によってはメンテナンスの状況が悪い、また傷や痛みがあると言うケースがあります。

これは乗ってみてからしかなかなかわからないものです。
走行距離から判断もいいのですが、もともとスーパーカブは長く走れるようになっているので、それだけで判断するといいものも見落とすことになるのです。

やはりお店の信頼度に左右されると言えるでしょう。

あとは、故障したときなどの保証の問題です。新車ならば保証も確実についていますが、やはりこれも中古だとお店によって変わってきます。

きちんとついているところもあれば、保証がなく壊れればすぐに見積りして実費ということにもなるのです。販売中止になったもので古いものだと、より高くなる傾向にあります。たくさん生産されているものが故障したときの費用は抑えやすいでしょう。

お店との付き合いがより中古の場合には必要

中古だと、やはり新車と比べると壊れやすいことには間違いありません。さらにお店のメンテナンスの影響もうけやすいです。そうなると自然と車検や故障時にはお店のお世話になることが多いでしょう。

ですので、中古の場合にはお店選びや長く付き合うことも考えておく必要があるのです。それがうまくいけば、中古で買ったものでもより長く乗れて安心できるでしょう。