スーパーカブだって種類が多いのでどれにするかも大切!!

スーパーカブと聞くと丸いライトや平べったい荷台を想像しませんか。ついつい中古が多そうなイメージがあったり、もう販売されていないとか勘違いされていませんか。今でも中古は多い一方、現行モデルもあったり、また少しずつ色あいや形も変わるなどしています。
ここでは種類などについて、見ていきましょう。

1つだけのイメージだが車種や排気量は異なる

スーパーカブというと、バイクに乗らない人だと車種も1つくらいで、昔からあるものだと思っているものです。

しかし、実は排気量での違いもあり、また昔と今では排気量によっては、すでに販売が終わっている車種もあったりするのです。

現行だとまずは、AA04、JA10と呼ばれるものがあります。これは外見でもライトが丸いものから四角く変わっています。そして、排気量は50ccと110ccとに分れています。少し角ばったイメージですが、これがいわゆる現行のオードソックスなものと言えます。

そして次にAA01と呼ばれるタイプです。こちらは50ccのみとなっています。外見は、こちらは昔からのものを継続しているので、こちらの方が愛好者には嬉しいかもしれません。色合いも昔ながらのものなので、なんとなく昔乗ったことある人は、これを見ると懐かしいかもしれません。

中古でも実は人気があるのでそんなに安くない?

現行としては他にも、スーパーカブプロやクロスカブと呼ばれるタイプがあります。荷物運搬用となっていたり、少し外見を工夫したものとなっているので、こちらも現行では、人気は高い方なのです。

そして、中古だと現行にはなかったタイプもたくさん販売されています。すでに販売中止になっているものもあります。
たとえばC50、C70、C90、JA70といったタイプがあります。これらの特徴の1つに排気量が70cc、90ccもあるということです。この排気量は今ではない排気量です。あと、50ccもありますが、これは現行にもある排気量です。

車の場合には、中古だと新車よりも安くなることがほとんどです。乗り心地は今では中古でもかなりよくなっていて安心できます。
もちろんバイクでももちろん乗り心地は問題ありません。しかし、ここに挙げたものの値段については人気があるため、そんなに安くならない、新しいものと変わらないなんてことも意外と多いのです。

どれを買うのか迷ってしまうはず

このように現行から中古まで、モデルがさまざまと違って存在します。ものによってはもう中古だけとなりますが、乗れば、長年乗れることには変わりはありません。
かならずどれにするかで迷いそうですが、乗れば満足することについてどれを選んでも間違いはないでしょう。