スーパーカブにもデメリットはあるのか?

スーパーカブも長年スタイルや部品など少しの変化はありますが、販売され続けており、さらに世界各国でも利用されています。
その理由としてやはり燃費がよく、1度買えば長持ちするからです。生活が少し大変、厳しい人たちにはありがたい乗り物です。
そんなありがたさが多いのですが、果たしてデメリットなんてあるのでしょうか。

操作は慣れる必要があって乗りにくいという人間も

バイクも種類が多いといえ、乗り方というか操作は同じです。車だって外装は違っていても操作の仕方やガソリン口を開けるところなど、やり方は同じです。それとバイクも同じことです。

しかし、販売も古くからやっているせいかギアのチェンジに関して、クラッチレバーがないので他と比べると独特となっています。
そのため他のバイクからスーパーカブに乗り換えたときや、また逆に他のバイクへと乗り換えたときには、少し戸惑ったりする人が多いそうです。

慣れるまで時間が少し必要ということです。
いのかもしれません。
とはいえ、丈夫なのでほんの少しであれば、そう謝ってバイクが倒れたとしても、故障は少なく乗り続けられるでしょう。

見た目がいまいち?昔っぽくて流行らないかも

確かに燃費では他のものよりもかなりよくて、ありがたいです。よくお店での配送などの場面で使われています。燃費もいいのでコストダウンにもなるからです。

ところが外見は昔ながらのものとなっていて、それがいいと言う声も多いのですが、今のバイクと比べると見た目には格好いいとは言いきれません。

若い男性ならば格好いいものを、また女性だと可愛らしいものを選びたがるのですが、ちょっとスーパーカブだと選びにくいかもしれません。

さらによくお店など仕事のときに使われるイメージやアジアなどで使われているイメージもあるので、なかなか格好よさやスポーティを求めたがる若い人やプライベートでの利用と言う人には、少し選びにくいところがあります。
ただし、この外見だから言いと言う人も多いためにこれを維持しているので、劇的に変わることは当面無さそうです。

その他にも細かなところでデメリットもあるが

これらがよく目立つデメリットとしてとらえて言い部分です。あとは、メンテナンスのときやカスタムするとしたら、やはりマニュアルがあった方がいいです。ところが、そのマニュアルが手に入れにくい、またお金がかかるなんていうのもあります。

マニュアルで時には2万円を越すときもあるので、メンテナンスも自分でと言う人や機械いじりが好きな人にはデメリットと言えるでしょう。

このようにいくつかはデメリットもありますが、言い換えればそれもスーパーカブの特徴であります。これらがあったとしてもそれを補うメリットがあるので、ぜひ乗ってみてはどうでしょうか。